とあるプログラマーの技術ブログ

アジャイル

books

【読書記録】アジャイルソフトウェア開発の奥義(4) ソフトウェアを腐敗させないためのSOLID原則 S

前回の記事 引き続きボブおじさんの名著を読み直している。 第7章 アジャイル設計とは? ソフトウェアの仕様は常に代わり続けるもので、仕様変更に耐えられず設計が劣化していくなら、それは自分たちの設計やプラクティスに問題があるのだとボブおじさんは言う。 ソフトウェアが腐敗し始めた兆候として以下の7つが挙げられている。 硬さもろさ移植性のなさ扱いにくさ不必要な複雑さ不必要な繰り返し不透明さ ソフトウェアの腐敗を防ぐために、アジャイル開発者はクリーンな設計を保つ努力をしなければならない。「アジャイルな設計とは何か?」について以下のように締めくくられている。 アジャイルな設計とは「プロセス(流れ)」や「…
2021-02-19
books

【読書記録】アジャイルソフトウェア開発の奥義 (3) 写経したい第6章

ボブおじさんの名著『アジャイルソフトウェアの奥義』を読み返しながら感想などをつらつらと書き連ねる、その3。 【読書記録】アジャイルソフトウェア開発の奥義 (1)【読書記録】アジャイルソフトウェア開発の奥義 (2) 第5章 リファクタリング エラトステネスの篩というアルゴリズムを使って素数を作るプログラムを題材に、少しずつリファクタリングしていく様子を実演する章。 リファクタリングは食後のキッチンを片付けるようなものだ。最初は後片付けをしなければ、それだけ食事時間は短くて済む。しかし、片付けておかないと、翌日の食事の用意をするときにもっと時間がかかってしまう。『アジャイルソフトウェア開発の奥義』…
2021-02-07
books

【読書記録】アジャイルソフトウェア開発の奥義 (2)

ボブおじさんの名著『アジャイルソフトウェアの奥義』を読み返しながら感想などをつらつらと書き連ねるシリーズ2回目。 第3章 プラニング この章では、XP(エクストリームプラニング)のプラクティスのひとつ「計画ゲーム」について説明されている。特筆すべき点はないので割愛。 第4章 テスティング テストコードを書くこと、テスト駆動で開発を行うことの重要さが説かれている。 つまり、テストを最初に書くという行為は、設計上の判断をふるいにかける行為でもあるのだ。『アジャイルソフトウェア開発の奥義』(第4章, p. 35) プログラムが解決しようとしている領域において、どの概念が他の概念より重要なのか、重要な…
2021-02-06
books

【読書記録】アジャイルソフトウェア開発の奥義 (1)

ボブおじさんことロバート・C・マーチンによる名著の第2版。長らく積ん読状態だったが、少しずつ読み進めながら感想などつらつらと書いていこうと思う。 https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E5%A5%A5%E7%BE%A9-%E7%AC%AC2%E7%89%88-%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%B8%E3%82%A7%…
2021-02-03