[読書記録] Clean Agile 3. Business Practices

books Books
Books

ボブおじさんの新作『Clean Agile』の3章「Business Practices」は、XPのプラクティスを3層に分けた”Circle of Life”の図の最も外側の層のプラクティスについて書かれている:

  • Planning
  • Small Releases
  • Acceptance Tests
  • Whole Team

Planningではアジャイルな計画はどう行えばいいか、について書かれている。見積もりを正確にしようとすればするほど、見積もりコストが大きくなってしまう。アジャイルでは、イテレーション毎にストーリー単位の見積もりを行い、実際にイテレーションで完了できたポイント数を計測する(チームのベロシティ)。それを、次のイテレーションの見積もりのベースとして使用する。実測したデータこそが信頼できるものだから(Yesterday’s Weather)。

Small Releaseでは、デバイスやツールの進化によって、リリースサイクルがどんどん短くなったという歴史的な経緯が述べられている。

Acceptance Testsでは、仕様とは本質的にテストであり、要求仕様は自動化されたテストとして書かれるべき、ということが書かれている。BDDという手法やツールが発展したことで、ビジネスの人達がストーリーの振る舞いをフォーマルな形式で記述し、開発者達がそれを自動化するという分担を行い、そのテストを通ることこそがストーリーが”Done”となる基準であるべきだと。

Whole Teamでは、オンサイト顧客というのは一種のメタファーであり、要はビジネスを理解していてストーリーの優先度付けを行える人、開発者、QAといった人々が一箇所に集まって開発を進めるのが最も効率的だということが主張されている(コロケーション)。ただし、最近ではネットワーク帯域の向上やツールの発達もあるので、リモートワークの人がいても結構ちゃんとやれるよ、とも書かれている。

個人的には、Acceptance Testsのプラクティスを特に重視している(というか、今現在あまりやれていない)。日本だとBDDの手法やツールがそこまで普及していないから情報も少ないし、自分のプロジェクトの中で少しづつ活用していってノウハウを蓄積していけるといいかな。

BDDの書籍としては『BDD IN ACTION』が断トツにいい。誰か翻訳してほしいなー。著者のファーガソンさんはBDDの統合ツール「Serenity」の開発者なんだけど、Serenityもいいツールなんだけど知ってる人は少ないんだよねぇ(ハマった時に調べるのが大変)

コメント

タイトルとURLをコピーしました